FC2ブログ

今まで使わず損してた!『Eye-Fi』+本『できるポケットEye-Fi公式ガイド』で理想的な写真管理環境ができた  はてなブックマーク - 今まで使わず損してた!『Eye-Fi』+本『できるポケットEye-Fi公式ガイド』で理想的な写真管理環境ができた

https://blog-imgs-32-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/201204050257092df.png
まさかこんなに便利だったとは!


使ってみなきゃわからないけど、使ってみたら超便利だったEye-Fi

デジカメで撮った写真をパソコンやスマートフォン、へ自動転送してくれるSDカードです。

そして、その使い方をじっくり教えてくれる本が『できるポケット Eye-Fi (アイファイ) 公式ガイド 写真がもっと楽しくなる基本&活用ワザ 70』。


この二つを手に入れたことで、私の写真管理スタイルがまったく変わりました

デジカメ写真・iPhone写真がほぼ全自動でPC・クラウドへ日付フォルダに分けて保存されるのです。


これからのお花見やGWにも、大活躍しそうです!

以下に詳しく紹介します。





『できるポケット Eye-Fi (アイファイ) 公式ガイド』は必須

正直、Eye-Fiだけを買っても、小さなセットアップガイドが付属されているだけ。

http://blog-imgs-37.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_1554.jpg

Eye-Fiの基本はおそらくこれでわかりますが、細かい設定や応用がわかりにくいという人もいるはずです。

そう考えると、本『できるポケット Eye-Fi (アイファイ) 公式ガイド 写真がもっと楽しくなる基本&活用ワザ 70』は、Eye-Fiユーザーには必読の本と言えるでしょう。

実際、私は本書なしではEye-Fiを使いこなせません


みなさんも、Eye-Fiと、本書をセットで購入し、超便利なデジカメ環境をつくりましょう。

4844331515B003ITFTNIB004ZWQN28B003M05LMM

本書の著者はブログ『Hacks for Creative Life! 』 の@beck1240さん。

Eye-Fiの基本から応用、そして達人インタビューまであり、とても充実した内容です。

目次
第1章 Eye-Fiでできることをしろう
第2章 Eye-Fiで写真や動画を転送しよう
第3章 Eye-Fiの基本ワザをマスターしよう
第4章 Eye-Fiでコミュニケーションを楽しもう
第5章 Eye-Fiの応用ワザをマスターしよう
第6章 Eye-Fiの困った&疑問解決
付録001 Eye-Fi_Centerをインストールするには
付録002 Picasaウェブアルバムのアカウントを取得するには
付録003 Twitterのアカウントを取得するには
付録004 Facebookのアカウントを取得するには
付録005 Photoliveをインストールするには
付録006 Eye-Fiの達人たちにインタビュー
Case1_ 石原さくらさん
Case2_ 礒村浩一さん
Case3_ いしたにまさきさん
Case4_ 川井拓也さん
Case5_ 神田敏晶さん
索引


以下に、Eye-Fiの基本ワザと、私がどのような設定をしたか紹介します。



【基本】SDカードをデジカメから取り出さずにPCへ写真転送

自宅などに無線LAN環境があれば、デジカメ写真が自動的にパソコンへ写真を転送してくれます。

ただし、デジカメ・PCの電源をつけておく必要はあります。

Eye-Fiを使う前は、「SDカードの抜き差しなんて面倒に感じないよ」と思ってましたが、実際Eye-Fiを使ってみるとラクです、すごく(笑)。


iPhoneで写真を撮るとすぐにパソコンへ自動転送されるフォトストリーム機能が開始されてから、あまりのラクさに衝撃を受けました。

デジカメで撮った写真も同様に、自動で転送されるってとても便利です!



【基本】無線LAN環境がなくてもデジカメ→スマホへ写真転送

IMG_0453

これがとにかく便利。ダイレクトモードという機能です。

これまでは、たとえば花見に行ったら一眼レフカメラとiPhoneの両方で写真を撮っていました。

iPhoneでも撮るのは、その場で写真を加工し、Instagramやツイッター、Facebookなどに投稿したいからです。

しかしもうその必要はありません。

Eye-Fiのダイレクトモードなら、無線LANの環境がなくてもデジカメで撮った写真をスマホへ転送できます。
  1. 一眼レフカメラで写真を撮る
  2. iPhoneへ転送
  3. iPhoneからSNSへ投稿
ということが可能になるのです。

デジカメで撮った画質の良い写真を、iPhoneで加工してSNSなどに投稿でき、とても便利です。



【応用】デジカメからクラウド・PCへの写真転送をほぼ自動化

本書を参考に、かなり理想に近い環境を構築できました。

http://blog-imgs-32.fc2.com/k/o/s/kosstyle/201204050257092df.png
赤の矢印は(ほぼ)自動青の矢印はあえて手動です。

これで、私がデジカメ・iPhoneで撮るすべての写真がパソコン、クラウドに自動保存されるのです。

しかもうれしいのが、撮影日ごとにフォルダ分けして転送できること。

これまで手動でやっていましたがずいぶんラクになりました。

▼パソコン
http://blog-imgs-32.fc2.com/k/o/s/kosstyle/20120405022911a2a.png

▼Picasaウェブアルバム
http://blog-imgs-32.fc2.com/k/o/s/kosstyle/ScreenClip_copy_20120405022300.png



気になる点

こんなに素晴らしいEye-Fiと、本『できるポケット Eye-Fi公式ガイド』ですが、あえてネガティブな面もあげておきます。


(1) Eye-Fi 

  • 転送のタイミングが???
    iPhoneからPCやPicasaへ転送するタイミングがよくわかりません。
    撮ったら、またはEye-FiのiPhoneアプリを立ち上げたらすぐ転送して欲しいがそうならなくて、急いでるときはモヤモヤ…。
     
  • 特定のiPhoneアプリで撮った写真が転送されない?
    なぜかiPhoneアプリ『Onecam』で撮った写真や、iPhoneのスクリーンショットが転送されません(私だけ?)。
    標準カメラアプリや他のカメラアプリ、デジカメで撮った写真は問題なく転送されるのですが…。
    これはEye-FiというよりEye-FiのiPhoneアプリの問題?ですね。

    (追記: 著者の@beck1240さんから詳細解説いただきました!PNGファイルが不可なのですね)
     

    @kosstyle ちなみにですが、Eye-FiはPNGファイルの転送に対応していません(><)Onecamやスクショがダメなのはそのせいです。iPhoneからパソコンへはちょいちょい転送しているんですが、アプリをバックグラウンドに回すと10分で転送が切れるので注意です。Thu Apr 05 11:07:50 via HootSuite


     
  • 転送先のフォルダ分けをする際のフォルダ名の設定
    フォルダ名をYYMMDD(たとえば2012年4月5日なら120405)と設定したいのですが、西暦を2ケタに出来ず。
    私は2100年代まで生きられないので、無意味な最初の20は省略したいのです…。


(2) 本『できるポケットEye-Fi公式ガイド』

しいて言うなら、レイアウトがややごちゃごちゃしていて、「読む順番」に一瞬戸惑うことがあるかもしれません。
https://blog-imgs-32-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/ScreenClip_20120405034640.png
それでも内容は素晴らしいし、Eye-Fiについて詳しく知りたい場合には他に選択肢がありませんから、やはり本書は必要ですね。



まとめ

4844331515B003ITFTNIB004ZWQN28B003M05LMM

ネガティブな面も紹介しましたが、それでもあれば絶対便利!と思えます。


問題は、Eye-Fiのどのモデルにするか、です。

値段が気になる方は4GBモデルでも充分かもしれませんね。

機能の差もありますが、たとえばジオタグについては、無線LAN環境がなければつきませんから、個人的にはあまり気にしなくて良いのではと思います。



あなたは、どれにしますか?


ちなみに現在、本『できるポケット Eye-Fi公式ガイド』の序文+第1-2章+付録(Eye-Fiインストール方法)の無料公開がされていますよ。

太っ腹!


 



こちらもオススメ


バンカーズボックス 703 3個パック ブラック
Blue Lounge ケーブルボックスミニ(ブラック)[The CableBox Mini Black] BLD-CBMN-BK



関連リンク








今日の名言

「それはできないと言う人は、それをやっている人の邪魔をしないよう、そこをどくべきだ」 本『パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法』 http://t.co/OFmq5Voa #meigenMon Feb 20 03:56:49 via bitly





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1666-8f91d0b4