説得力を増し、相手に気持ちよく動いてもらうためには論理思考+心理術が最強 〜本『ほんとうに使える論理思考の技術 』  はてなブックマーク - 説得力を増し、相手に気持ちよく動いてもらうためには論理思考+心理術が最強 〜本『ほんとうに使える論理思考の技術 』

http://blog-imgs-37.fc2.com/k/o/s/kosstyle/1038128_people_series.jpg

ビジネスは論理でツカみ、心理で動かす!

論理思考を使いこなしてバリバリ仕事をする人は、なんだか冷たい印象があります。

コンサル会社の某マッ◯ンゼー出身の人達とか、なんだかそういうイメージです(偏見?)。

勝間和代さんにアンチが多いのは、そういう理由があるかもしれません。


あなたも、学んだ論理思考を使ってロジカルに語っているつもりでも、もしかしたらまわりの人は煙たがっているかもしれません。

そこで本『ほんとうに使える論理思考の技術 』の著者は上記のように、論理・心理の両輪で人を動かすことをすすめています。


ここではそのエッセンスをカンタンに紹介します。





1. 論理思考は主張1つに根拠3つ

論理思考、ロジカルシンキングというと、なにやら難しく考えてしまう人もいそうです。

本書で紹介されている、これだけでOK!という基本中の基本が、ピラミッド・ストラクチャです。

https://blog-imgs-37-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/piramid.gif

とても簡単なことで、

(1) 主張と根拠を分ける
(2) 1つの主張について3つの根拠を出す
(3) 3大チェックポイントをチェックする


というだけです。


上にように主張と根拠を書き出し、(3) の3大チェックポイントを確認します。
1. 根拠はほんとうに「根拠」か?
2. 主張と根拠はつながっているか?
3. 根拠の横並びに違和感はないか?

たったこれだけのことを考えるだけで、ずいぶん情報が整理されたり、他人に話すときには説得力が増しますね。

詳細はぜひ本を読んでみてください。



2. 心理で人を動かすフレームワーク「CRICSS」

論理思考だけでは、人を動かすことができない場合があります。

そこで、心理学をヒントにした「CRICSS(クリックス)」の法則を意識しましょう。

CRICSSとは、
Commitment (コミットメント)
in Return (お返し効果)
Influence (政治力)
Comparison (比較)
Scarcity (限定感)
Synpathy (共感)
です。

詳しくは以下の記事にうまくまとめられています。

リーダー必読!メンバーの「やる気爆発」6つのボタン「CRICSSの法則」まとめ | No Second Life


ちなみに私の友人で、in Return (お返し効果)をうまく使っている人がいます。

いつも本当によくしてくれるので、何か頼まれたら断れません(笑)。

っというよりも、積極的にこちらから助けたいと思えるのです。


また、Comparison (比較)は本当におもしろいですね。

たとえば、レストランのメニューで
300円
500円
1000円
があるなら、実際には売れなくても3000円のメニューを追加したほうが、1000円のメニューがよく売れるようになります。

3000円と比較すれば、1000円のメニューが安く感じられるからです。


この話は確か、2011年に読んだ本150冊の中で最も影響を受けた10冊+α  でも紹介したこの本に書かれていました。

4152091665


また以前、以下の記事では「対比の法則」として、アメリカのガールズスカウトの少女の話を紹介しています。

悪用厳禁!心理学で人を動かす7つの秘法


わたしたちも、CRICSSを意識し、うまく使いたいですね。



相手のタイプによってやりかたを変える

多くの人のモチベーションの源泉は、4つのタイプに分けられるといいます。

たとえば、「あなたが仕事で一番大切にしていることは?」という質問をしてみます。

  1. 「儲かるかどうか!」 (損得勘定)
  2. 「誰かに喜んでもらえること」 (承認欲求)
  3. 「会社にとっても、社会にとってもためになること」 (規範意識)
  4. 「好きな仕事をすること」 (好嫌感情)

相手のタイプに合わせて話をすれば、相手が動いてくれるようになるでしょう。

これも「心理」についての考え方ですね。



まとめ

4806140228


イタイ論理思考にならないために、本『ほんとうに使える論理思考の技術 』では、誰でも分かるシンプルな論理思考のコツと、それを使うための心理術を紹介してくれています。

読んだだけですべてを使いこなせるようにはなりませんが、1つ1つぜひ実践したいと思う内容です。


ここで紹介した以外にも、

ナンパ話法
PARLの法則
などのテクニック紹介のほか、基本的な8つのフレームワークも紹介されているのでとても便利。

論理思考を学びたい方も、心理を学びたい方も、ぜひチェックしてみてください。

序章 論理思考を学んだ「残念な人」たち
1章 論理でツカむ! 論理思考のコツ
2章 心理で動かす! 「CRICSS」の法則
3章 実践! 明日から使える5つの心理テクニック
4章 ほんとうに使える論理思考の技術
付録 ビジネスでほんとうに使える8大フレームワーク


 


次はどれを読みますか?

4478015937 相手を動かす会話術 すごい!コツ6044841111524797366494



関連リンク









今日の名言

「見てから信じよ」 本『ローマ人の名言88』 http://t.co/FXlfgxXf #meigenTue Feb 14 08:15:33 via bitly



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1664-b563f668