一度試してみよう!書くだけで人間関係の悩みが消えるダメだしノート  はてなブックマーク - 一度試してみよう!書くだけで人間関係の悩みが消えるダメだしノート

https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/angry2.jpg


誰にでも苦手な人の一人や二人いるものです。

しかしそれが身近な人だったりするとやっかいなもの。


たとえば、職場の人。家族。

気が合わなくても、うまくやっていきたいものです。


そういった人間関係については、2011年に読んだ本150冊の中で最も影響を受けた10冊に選んだ本『QT 質問思考の技術』や、

2010年に読んだ本100冊の中で最も影響を受けた10冊に選んだ本『自分の小さな「箱」から脱出する方法』 がとてもオススメです。


そして、「ノート」で人間関係の問題を解決する方法がありました。

それが、『書くだけで人間関係の悩みが消えるダメだしノート 』です。


実際にダメだしノートを書いてみたので、ここで簡単に紹介します。





1. ダメだししたい人をリストアップする

まずは、ダメだししたい人の名前をどんどん書きましょう(笑)。

「こいつのダメだししてやるぞ~~」なんていう気持ちでノートに名前を書く時点で、なんだか笑ってしまいましたw



2. 一人に対してノート見開き2ページ使う

https://blog-imgs-37-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/IMG_0391.jpg

ノートを開き、左右2ページを一人に対して使用します。

左上にダメだしする人の名前を書き、左右のページそれぞれを縦半分に仕切り、4つの項目名を書きます。

◯◯さん
ダメだしポイント対応策1   対応策2   いいとこポイント






3. ダメだしポイントを書く

おまたせしました(笑)。

一番左の列に、日付とダメだしポイントを書きましょう。

2/12 すぐ不機嫌になる

という感じです。



4. いいとこポイントも書く

おそらく心理的には、ダメだしを書くだけでも結構スッキリすると思います。

しかし、ダメだしだけでは終わらせないのがダメだしノートの良いところ。

この4、5がダメだしノートのキモですね。

相手のことを観察・分析するんです。


一番右の列に、いいとこポイントを日付と合わせて書きましょう。

ダメだしポイントと同時に書く必要はありません。次の日に書いてもよいでしょう。

誰にでも探せばいいとこポイントがあるものです。



5. 対応策1を書き、検証する

ダメだしポイントの横の「対応策1」を考えて書き、実際にそれを試しましょう。

うまくいけば、日付と「◯」、うまくいかなければ「☓」を書きます。


ただ腹をたてるだけでなく、対応策を考え、実践し、それがうまくいけばかなり人間関係が改善されますね。



6. 対応策1がダメだったら、対応策2

対応策1がうまくいかないこともあるでしょう。

その場合は、対応策2を考えて書きます。

1と同様に、これも実践し、結果がどうだったか書きます。

それでもダメなら次の行にまた書きましょう。


これが、「ダメだしノート」のひととおりの書き方です。

書いたあとも結構大事なのですが、それは実際に本を読んでみてください。



まとめ

4776207133

実際にやってみると、「いいとこポイント」を書くことが大きいですね。

それだけで、だいぶ相手の印象が変わります

相手の「いいところ」を見る訓練にもなります。


また、対応策を考え、実際に試してみることをするために、自分がずいぶん冷静になることができ、結果人間関係が改善の方向に進む気がします。


ここではダメだしノートの書き方と、やってみた感想をまとめただけ。

実際には、本書を読むと
  • なぜそれが良いのか
  • どうすればうまくできるか
  • ノートを書いた後、どうすれば良いか
などがもっと具体的に書かれています。

実践したいという方はぜひ、本書を読んでみてください。


他人の文句ばかり言っている人(笑)にプレゼントしたい本です。

 


次はどのレビューを読みますか?

4331516083一瞬で人間関係を作る技術エマジェネティックスたった5秒で相手の心をつかむ ひと言の力479421846X



関連リンク









今日の名言

「営業は演じること、だから、売れる営業マンを演じなさい」 本『30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』 http://t.co/MEkpx8gB #meigenThu Feb 09 13:31:57 via bitly



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1659-818e9787