FC2ブログ

やらなきゃ損する!MBWA(巡回管理)のすすめ  はてなブックマーク - やらなきゃ損する!MBWA(巡回管理)のすすめ

https://blog-imgs-37-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/walking.jpg

今日のあなたの仕事での仕事のやり取りを思い出してください。

メールや電話のやり取りをしたのは何人ですか?

会って仕事をしたのは何人ですか?


本『エクセレントな仕事人になれ! 「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163 』には、MBWA(巡回管理)の重要性が書かれています。

これについて、考えてみました。




マネジメント・バイ・ウォーキング・アラウンド(MBWA)

マネジメント・バイ・ウォーキング・アラウンド(MBWA:巡回管理)--要するに「うろつき回るマネジメント」という意味だ。
(中略)
自分の目で見たものこそ現実である。だから、会社の職員、同業者、その他周囲の人々との間で、親しい関係を保つことが大切なのだ。

P.232
以前私は、某大企業に出向していました。

そこでは多くの部署を取りまとめる仕事をしており、頻繁に様々な部署の方とのやりとりがありました。

他部署は同じ社内でも別棟で自分の席からは遠い場合があります。私はちょっとしたお願いをする際にもよくメールや電話で済ませようとしたのですが、上司から「会いに行け」と何度もアドヴァイスを受けました。

当初は恥ずかしながら「めんどくさいな」と思いましたが、結果はすぐあらわれました。

顔も知らない人とメールや電話だけで仕事をすることも多かったのですが、顔を合わせた人とのほうが仕事がうまくいくのです。

ムリなお願いを聞いてもらえたり、たすけてくれたりしたのです。



Eメールやツイッターでは足りない

Eメールやツイッターなどでは、「語り合い」を実践した事にはならない。
徘徊することこそが素朴な人間同士の触れ合いを生む。
徘徊する予定を自分の正式なスケジュールに組み込もう。

P.232
私は学生時代(15年前…?)、卒業論文の中にエラそうに「Eメールでビジネスの意思決定をするのがあたり前の時代になるだろう」なんてことを書いていました。

それは、より便利な時代になるという意図でしたが、あまりにEメールに頼りすぎるのも問題。

Eメールで済ませられる時代だからこそ、「会う」ことの価値が増したと感じます。


ときどき、人気ブロガーさんと私との違いは何だろう?と考えます。

@ttachiさんや@goryugoさんなど、1ブロガーさんが飲み会を開催したら全国から何十人、百何人と人が集まるというのは、私にとっては衝撃的です。

思うに、ブログの更新頻度やかき方、ネタの良さはもちろんですが、人気ブロガーさんは「たくさんの人と会う」ことをしているのではないでしょうか。

「ブロガー」ではありますが、リアルに人と会うことを重視している、ということです。


大人気の読書管理サイト「メディアマーカー 」を運営される@coanmmさんとそのような話をしたときも、

「彼らは会いに行ってるから、会いに来てもらえるんだと思うよ。会うって大事だよね」

とおっしゃってました。

普段は自宅で一人黙々と仕事をされている@coanmmさんでもやはり、「会う」ことを意識されているようです。


仕事でも、社内外に自分の仲間やファンを多く増やせばそれだけやりやすくなると考えれば、とにかく社内の人と頻繁に顔を合わせる、メールや電話で済ませられる社外の取引先の方とも会ってみる。そういう考え方って大切ですね。



ミュージシャンの成功の影にMBWAあり?

そういえば昔、音楽CDショップで働いていたのですが、新人や売出し中のアーティストさんがレコード会社の方と挨拶に来ることが多くありました。

新しいCDを入荷するとき、一度会っただけでも店側としては、「あ、あの人だ。がんばって売ろう!」となるんですよね。

試聴機に入れる、CDを目立つようにレイアウトする、大きな看板を立てる、店内で曲を流す、コメント文を書いてオススメする、などでずいぶん売上は変わるものです。


いまでは超有名な、倖田來未さんやGACKTさんなどでもわざわざ名古屋のCDショップまで足を運んで挨拶回りをされていましたよ。

成功の影には、そういう地道な活動もあるということですね。



現場を知ることの大切さ

「情報」として把握していたはずのことが、実際に現場へ行ってみると、違っていた!なんてことがよくあります。

本書『エクセレントな仕事人になれ! 「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163 』には極端に、こんなふうに書かれています。

「成功の80%は顔を出すだけで手に入る」


顔を合わせて親しさを保つこと。

現場に足を運んで状況を確認すること。

その大切さがよくわかる言葉ですね。



まとめ

マネジメント・バイ・ウォーキング・アラウンド(MBWA)というと、「マネジメント」というのがなんだか大げさな気もしますが、フットワークが軽く、たくさんの人と会っている人は、たくさんの人を味方につけることができ、仕事もプライベートもうまくいくようですね。

営業職の方や経営者の方などにとってはあたりまえのことかもしれませんが、今の時代、「足を運ぶ」ことがおろそかになりがち。

社内でいえば、ランチを済ませた午後2時ころは眠くなることが多いので、眠気覚ましの意味も合わせて他部署の人と話すと良いですね。


そういえば先日、急に誘われてすぐ家を出られない人はチャンスを逃すという話を紹介しましたが、これも気を付けたいところ。


本『エクセレントな仕事人になれ! 「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163 』からはこれまでも
など紹介してきました。

他にも多くの学びがあります。オススメです。

4484111128


 



次はどれを読みますか?

4776206935479421846X48875951664331516083



関連リンク









今日の名言

「成功の80%は顔を出すだけで手に入る」 本『エクセレントな仕事人になれ! 「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163』 http://t.co/dh5uwrT2 #meigenTue Jan 17 17:16:13 via bitly



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1635-21052e73