理想と現実のギャップに直面した時に考えるべきこと  はてなブックマーク - 理想と現実のギャップに直面した時に考えるべきこと

http://blog-imgs-17.fc2.com/k/o/s/kosstyle/1220037_colour_pencils.jpg


自分の理想通りの仕事が出来ず、悔しい思いをすることがあります。

そのときの考え方次第で、後の人生が大きく変わるかもしれません。


アメリカで一番有名な番組を作ったラジオホストが、クリエイティブな仕事に関わる人すべてが直面する問題を明かし、その乗り越え方を助言する記事を読みました。

非常に興味深い内容で、これはクリエイティブな仕事に限った話ではないと感じます。




理想と現実のギャップが分かるのは才能の証拠


要するに、

(1) 理想と現実のギャップがわかるのは才能の証拠
(2) まずは質より量を重視せよ
(3) 諦めずに続けよ

ということでしょうか。



(1) 理想と現実のギャップがわかるのは才能の証拠

自分の仕事に対して理想と現実のギャップに凹む。

しかしそれはそもそもレベルの高い理想を自分の中に描くことができているということ。

それができない人に比べたら、既にその点で才能があるというわけです。


仕事でなくてもたとえば、ブログをはじめたものの、どうもうまくいかない。違うと感じる。

もっとわかりやすいブログにしたいのに。

もっと人の心を動かすブログにしたいのに。

そのように理想とのギャップを感じることができているなら、それは「才能」です。

ギャップに気づくことができるから、もっと上を目指せるのです。

気づかない人もいるのですから。



(2) 質より量を重視せよ

これもブログに例えてみましょう。

いきなり「良い記事を書かなきゃいけない」などと思っていると、おっくうになってしまいます。

とにかくたくさん記事を書いてるうちに、見えてくるものがあるのです。


また、1つの記事についても、1回で質の高い記事を書こうとはするのはNGです。

まずは思いのままにたくさんの文量を書いてみます。

そこから削って、質を高めていくわけです。


量→質、の順は、必ず意識したいポイントです。



(3) 諦めずに続けよ

誰もがわかっていることだと思いますが、「続ける」ということは本当に大切ですね。

松下幸之助さんも

『失敗したところでやめてしまうから失敗になる。 成功するところまで続ければ、それは成功になる』

と言われますね。


この分野は苦手だ、自分には合わない、などとさっさと諦めてしまうのはもったいないかもしれません。

せっかく理想と現実とのギャップに気付いたのですから。


とはいえ、そのギャップが大きいと、どうしても弱気になってしまいます。

脳が無意識に拒否しているのです。

「無意識」を書き換えて味方につけるために、以下を参考にすると、続けられそうです。




まとめ

上記の内容は、いわゆる芸術などの「クリエイティブ」に限ったことではなさそうですね。

もしくは、上記(2)、(3) をできる人の仕事だけが、クリエイティブな仕事であえると言えるのかもしれません。


個人的にはこの記事から(1) の視点に気付くことができてよかったです。

今後、理想と現実のギャップに直面したときには、ストレスに感じるのではなく「チャンスだ」と考えることができるのですから。



次はどれを読みますか?

47569150004822248569 4862551076非属の才能 (光文社新書)

 


関連リンク




今日の名言

『リーダーになりたければ、今、「自分の上に立つリーダーたちを支える」ことに全力をつくせばいい』 本『賢者の言葉』 http://t.co/NgWkFhtm #meigenFri Nov 11 18:14:11 via bitly






コメント

すてきなエントリーありがとうございました!

すてきなエントリーありがとうございました!「1週間で1本しあげる」やってみます!ブログで引用させていただきました。二転び日記 <「諦めない」から「勝手に応募する」へ>
http://nikorobinikki.blog96.fc2.com/blog-entry-243.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1584-bfc992ed

「諦めない」から「勝手に応募する」へ

今日、すてきなエントリーを見つけました。 ライフハックブログKo's Style 理想と現実のギャップに直面した時に考えるべきこと   アメリカで一番有名な番組を作ったラジオホストが、クリ...
  • [2011/12/02 00:58]
  • URL |
  • 二転び(にころび)日記 ~本と文具と勉強と~ |
  • TOP ▲