FC2ブログ

スポンサーサイト  はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「合わない」ではなく「合わせる」  はてなブックマーク - 「合わない」ではなく「合わせる」

http://blog-imgs-12.fc2.com/k/o/s/kosstyle/shakehands_20110617135712.jpg


2011年6月2日放送のTVカンブリア宮殿、ゲストは、 花まる学習会 代表  高濱 正伸氏でした。

番組を見てみると、塾生の子どもだけでなく、親が教育をうけており、とても興味深い内容でした。


実は高濱氏は社会への強い危機感があるのだとか。

そのキーワードとして高濱氏が挙げるのは、「合わない」という言葉。

どういうことなのか。

以下で詳しく紹介します。





「合わない」ではなく「合わせる」

「合わない」は現代病ですから。

世界中合わないに決まってる。言葉もママも食った物も違う
そういう人が集まって都会を構成しているんですから。
ほとんど合わないに決まっているんですよ。

だけど、それをなんとか合わせていくのが人生なのに
自分様にとって合わないからと世界を切って捨てていると最後引きこもり以外道はないですよ

「合わない」と思ってしまうこと、ありますね。

しかし、「合わせる」よう考え直したほうが良さそうです。


たとえば、人間関係。

異なる価値観・才能を持った人と協力することで強さを増すことができるはずです。

他人の考えを受け入れることが「学び」であるとも、個人的には考えます。


また、ものごとについては、「できない」ことが「できる」ようになるのが「成長」

「合わせる」ことをしなければ、何も得られないように感じますね。



自分から飛び込んで良くする

「もっと自分にふさわしい場所があるんじゃないか?」それが現代の病の1つですよ。
自分探しってやつですね。
絶対にない そんなものは。

どこにもない
あなたを待っている素晴らしい場所なんて。

あなたが行って
あなたが良くすることしかないから。

「勝てる土俵」を自分でつくる

「チェンジ」は、待つものではなく起こすもの

そんなことの大切さを、あらためて感じました。



まとめ

「合わない」ことへの対応の仕方について、あらためて考えるよい機会になりました。


ふと考えたのは、高濱氏がおっしゃるように「合わない」が前提なら、自分が合わせていないのに何かがうまくいっているときは、周りが合わせてくれているのではないか、ということ。

そう思うと、周りに面倒をかけているんだな、と反省したり、自分より周りの人のほうが成長しちゃってるな、なんて焦ったりする必要もあるかもしれませんね(笑)。



関連書籍

わが子を「メシが食える大人」に育てる (廣済堂ファミリー新書) 子どもに教えてあげたいノートの取り方人はなぜ学ばなければならないのかスマートフォンがあれば、いつでもどこでも勉強できる! クラウドどこでも勉強術




関連リンク




管理人のつぶやき

「どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこから禍を引き出す。 (ラ・ロシュフーコー)」 『「座右の銘」が見つかる本』 http://amzn.to/kUdZ4m #meigenless than a minute ago via bitly Favorite Retweet Reply



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1463-cf9d6e69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。