【ブロガー必読】「目のつけどころが良い!」と言われる文章を書くための6つの方法  はてなブックマーク - 【ブロガー必読】「目のつけどころが良い!」と言われる文章を書くための6つの方法

誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書)

私が重視するのは、文章の書き方ではなく、その「内容」のほうです。「内容」とはすなわち、物事をどう捉えたか、発見は何であるか、ということに尽きます。

P.16
すごい本に出会ってしまいました。

誰も教えてくれない人を動かす文章術』です。


この本、全ブロガー必読です。

ブログを書いていなくても、
  • 「視点が鋭いね!」、「目のつけどころがいいね!」と言われたい人
  • 「なるほど!」「わかった!」と思ってもらいたい講師や接客業の人
  • お客さんにメールや広告を出す営業マン
  • 企画やアイデアなど、独自のものをたくさん出したい人
などにも激しくオススメです。


ここでは本書から、「目のつけどころが良い!」と言われる文章を書くための6つの方法をまとめたので紹介します。




1. 凡庸さは恥と心得る

まず大前提として必要なことはこれ。

ありがちな内容、誰でも思いつく内容ではつまらないということです。

文章においては、凡庸さは恥です。結果としての凡庸さはある程度しかたがないとしても、せめて「凡庸さは恥」だということをキモに銘じておきたい。

P.184
ではなぜそれほどまで非凡である必要があるのでしょうか。

現代人に求められているものは、他人と違う意見を述べる意識です。当たり前のことを口にしたり、さも意味のあるようなことを述べているようで、実は全く内容のないことを文章で書いたりしているようでは、社会的な評価は得にくい。

P.185
なかなか独創的なアイデアは浮かばないかもしれません。

しかし、それで問題ない、みんなと意見がよく合う、などと思っていては評価されないのです。

皆と違う切り口を探す「意識」が大切です。

  • 会議などで意見を思いつかない人
  • なかなか反対意見が言えない人
  • 自分と違う他人の意見を拒否してしまう人
  • 簡単なことを難しく言うのが得意な人
は要注意です。



2. タイトルは意外なものを組み合わせる

一見、無関係に思える二つの事柄をタイトルに持ってくると、それだけでインパクトがあります。

P.45
意外な組み合わせといえば、
みたいなパターンですね。


ブログなどの文章は、読んでもらわなければ、ないのと同じ

タイトルにインパクトを持たせることは重要ですね。



3. タイトルに「具体的なもの」と「抽象的なもの」を組み合わせる

本書では、
  • 「プラダを着た悪魔」
が例に挙げられています。

これが
  • 「高級ブランドを着た悪魔」
だとつまらないですよね。

「プラダ」と具体的に表現したところが面白いのです。


たとえば、こんなのはどうでしょう。

「ボーナス返上できるか」ということを、あえて「孫正義」としてみました。



4. 同質のものの間の差異を見つける

独自の視点の見つけ方として、同質のものの間の差異を見つける方法があります。

本書では例として、
  • 「AKB48」
  • 「モーニング娘。」
について、女性アイドルグループと考えると同じですが、実は全然違う!という説明があります。


ブログでいえば、単純に「比較記事を書く」というのも手です。

たとえばこんな風に。



5. 異質のものから共通点を見つける

上記4の逆。

全然違うと思われるものから、共通点を見つけるのです。

これが一番面白い文章を書けそうな方法ですが、やや難易度高めですね。

しかしこれを見つけることができれば、そのまま「他人とは違う独自の視点」「目の付けどころがいい」となるのです。


たとえば以下の記事では、iPhoneアプリのゲームを無理矢理「学び」とつなげてみました。
このゲームをやって、同じことを考えた人はいないでしょう。



6. 「引用」で「お得感」を出す

まさに、この記事でも引用を紹介しています。

私の言葉で同じ内容を書くのも良いですが、この本にこんなふうに書いてありますよ、という「情報」が「お得感」につながるのですね。

逆に引用ばかりでは主張がなく、その文章の存在価値はあやしくなるので気をつけたいところです。



まとめ

実はここ最近、以前紹介した「楽天Social News」文章の特訓をしてました。


…ん~、まだまだですね。

しかし、ただ元ネタの紹介をするだけではなく、自分の「視点」「切り口」を入れるよう努力したつもりです。


普通のブログでやるよりも、楽天ソーシャルニュースのほうが読んでもらえる可能性が高いうえに、記事レベルや記者レベルという評価がつくので、文章の練習には最適かもしれませんよ。


みなさんもぜひ、この記事や本を読むだけでなく、実践してみてください。

(実はこの記事自体、上記6つを活かしきれてません。反省。)



次はどれを読みますか?

つっこみ力 (ちくま新書 645)「空気読み」企画術 しかけ人たちの企画術




関連リンク




今日の名言

「自分を過大評価する人は、他人を過小評価する。そして、他人を過小評価する人は、他人を平気で虐げる。 (サミュエル・ジョンソン『説教集』)」 ~ 「座右の銘」が見つかる本 http://amzn.to/kUdZ4m #meigenless than a minute ago via bitly Favorite Retweet Reply



コメント

とても参考になりました^^

ありがとうございます^^

なるほど

参考になりました

他の記事も拝見させていただきます

ありがとうございます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1440-b8f39e0d

-

管理人の承認後に表示されます