誰からも「気がきく」と言われる人の7つの秘密  はてなブックマーク - 誰からも「気がきく」と言われる人の7つの秘密

https://blog-imgs-38-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/DSC_0064_copy.jpg


気がきく人、と言って、周りに思い浮かぶ人がいますか?

また、自分はそうであると言えますか?


気がきく人の条件とは、何だと思いますか?

30秒でサっと書きだしてみてから、続きを読んでみてください。




1. 想像力で先読みする

気がきく人と言ってまず私が思い浮かべるイメージ。

それは、何かをしようとしたときに、その準備などを既にしてくれている、という状況です。


たとえば職場で。
上司: 「◯◯クン。例の件を上に報告したいから資料まとめておいてくれ」

部下: 「まとめてあります。こちらです」

上司: 「おぉ、気がきくなぁ。ありがとう」
これは、次の行動を先読みしている、ということですね。


それには、よく人を観察し(俯瞰し)、想像力を働かせることが大切。

今ちょっとだけ、想像してみましょう。

職場の周りの人や家族が、
  1. 次に何を求めているか、何をしようとしているか
  2. それに自分がちょっとだけ手助けできることはないか

これができる人は、結果的に
  • 自分の仕事も早い
  • 上司などに振り回されず自分のペースで仕事できる
などのメリットがあると、先日紹介した本、にも書かれています。



2. 相手のことをリスペクト(尊敬)している

あたりまえのことですが、「気のきいた行動」というのは、必ず「相手」がいます。

その相手のことを理解しなければ相手のことを満足させることなどできません


そもそも、嫌いな上司に気をつかおうなどと思えるでしょうか。

また逆に、苦手な人に無理に気をつかっても、それが本物の気づかいになるでしょうか。


まず、人に興味を持ち、リスペクトすること。

これが実は、気のきく人になるための第一歩かもしれません。

それには、苦手な人でもなにか長所や共通点を見つけるとよいでしょう。



3. 見返りを求めない

本当に気がきく人というのは、イヤミがありません。

つまり、下心を持っていないということです。


逆にいうと、見返りを求めている人の気づかいは、それがミエミエでわかりますよね。

本当に相手から気がきくと思われるには、ギブアンドテイクではなくコントリビュート(貢献)の気持ちが大切でしょう。



4. 我を押し付けない

「私は彼にこんなにつくしてるのに!」

「俺はこんなに上司に貢献してるのになんで…」

などと聞くことがあります。

しかし、本当に気がきく人なのでしょうか。


勘違いしてはいけないのは、相手が求めていないことは気づかいにならないということです。

分かりやすい例えがプレゼント。

私がジャズが好きだからといって、アニソン好きな女性にどんなにジャズのCDを貢いでも喜んでもらえないわけです。

むしろ迷惑かもしれません。



5. 言葉より行動であらわす

「ノドが痛いなぁ」

この言葉を聞いたとき、あなたはどうしますか?


「大丈夫?お大事にね」と言うのもよいでしょう。

しかし、本当に辛くて精神的にまいっていたら、「大丈夫じゃねぇからノド痛いって言ってんだろ」などと思う人もいるかも知れません。


では、こうすればどうでしょう。

さりげなく「どうぞ」と言ってアメやクスリをわたす。

こちらのほうが、気がきく感じがしますね。

されるとうれしいのが想像できます。



6. 受けた気づかいに気づく

気づかいのできる人は、相手の気づかいに気付くことができます。

それは自分が普段から意識しているからでしょう。


例えば、食事中にタバコを吸う人の近くにそっと灰皿を置く。

あたりまえのようにそれを使う人もいれば、

「お、ありがとう」とお礼を言う人もいます。


気のきく人は、受けた気づかいに対して気づかいで返せるのです。

気のきく人は見返りを求めていないとはいえ、気づかいに気付いてお礼の言葉の一つももらえればとてもうれしいものです。



7. 小さなことを積み重ねる

気がきくなぁ、と思う人についての印象はたいてい、「すごくいい人」ではないでしょうか。

では、その人からされた気づかいを、具体的に思い出してみてください。

どうでしょう?

実は、それほど大変なこと、大きなことはされていないのではないでしょうか。

小さなことの積み重ね、そして、いつも意識している、ということが大切なのですね。


今からいきなり気がきく人にはなれませんが、小さなことは誰にでもできます

ここにあげたことを意識し、積み重ねていきましょう。



まとめ

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣


上記7つは、本『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣 』から、特に大切だと思うポイントを大きくまとめてみたものです。

本書の著者は重役秘書の経歴を持つ方、つまり、気づかいのプロフェッショナル。

しかし、彼女が上司に対して部下が気を使ったエピソードばかりではありません。

逆に、部下に気をつかうことのできる上司の話はとても心に響きました。


実は私も、本書を読む前に「気がきく人とは?」と考え、書きだしていました。

https://blog-imgs-38-origin.fc2.com/k/o/s/kosstyle/DSC_0064_20110311124436.jpg


こうしてあらためて上記7つと見比べてみると、まだまだ全然足りていなかったと気付きました(汗)。

特に上記6はなるほどと妙に感心。

すべてを完璧に行うことは難しいでしょうが、私は本『iPhoneワクワク仕事術』にあるようにチェックリストを作り、iPhoneへ入れましたよ。


終章に「今さら人には聞けない、オトナの常識とマナー 5編」として
  1. 贈り物編
  2. 食事編
  3. 結婚式編
  4. 葬儀編
  5. 来客・訪問編
がまとめられているのは、本書を読んだ人ならきっと知りたいだろうという、著者の気づかいでしょうか。


いずれにしても、 人とのコミュニケーションをあらためて考えるキッカケになる本です。

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣




関連リンク




管理人のつぶやき



コメント

30秒で言葉が出てきませんでした。
挙げられた7個、本当に納得させられますね。気の利く大人の女性は、
同姓から見ても素敵です。そうありたいです。

コメントありがとうございます

>yokoさん
女性も男性も、気がきく人は素敵ですね。
尊敬、が、特に大切に感じました。
  • [2011/03/19 00:34]
  • URL |
  • コウスケ@ライフハックブログKo’s Style
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1401-c1828bae