FC2ブログ

マーケティングで意識すべき新キーワード!?「風俗」「グーグリー・レッスン」「ウェブ動画力」  はてなブックマーク - マーケティングで意識すべき新キーワード!?「風俗」「グーグリー・レッスン」「ウェブ動画力」

写真素材 PIXTA
(c) td.lemon写真素材 PIXTA



むちゃくちゃなタイトルですが(笑)、私の頭の中で
  • 風俗
  • Google
  • ウェブ動画力
この3つがつながったのです。

そのキッカケとなった、最近読んだマーケティング関連本3冊の内容を紹介します。






シンプル、邪魔しない、そばに居ろ…Googleに学ぶビジネスの教訓

ビジネスで大切なことはすべてGoogleが教えてくれる

私が言いたいのは、本書にまとめた20の「グーグリー・レッスン」に従えば、将来のあらゆる出来事に備えられるということだ。
ビジネスの未来に備えるには、①適合性を重視し、②みんなの知恵を借り、③シンプルを追求し、④マインドセットを尊重し、⑤オーディエンスを惹きつけ、なるべく邪魔をせず、⑦コンテンツの役割を果たし、⑧すべてをテストし、⑨追跡を行い、⑩データを活用し、⑪ブランドに注目し、⑫USPを生み出し、⑬競争を理解し、⑭検索キーワードを活用し、⑮セクシーさを保ち、⑯利他心を発揮し、⑰資産を活かし、⑱棚スペースを確保し、⑲ストーリーを広め、⑳検索だけにとらわれずにサービスを展開しよう。

Googleに学んだ(?)A社、Z社などの事例があれこれ出てきます。

個人的にこのグーグリー・レッスンの中で特に興味を持ったのは、以下の内容。
母親は、あなたの会社を説明できるだろうか。あなたにではなく友人に。
母親は、あなたの広告やウェブサイトを見て、何をしたらいいのかはっきりと理解できるか?そして、彼女にはそれができるか?
もしできないとしたら、シンプルでない証拠だ。
P.42
ビジネスにおいて重要なのは、顧客や見込客がもっとも問題に悩まされているタイミングで、解決の手を差し伸べることだ。購入意向が生まれるのはそのときだからだ。
P.52
なぜGoogleは検索ツールを広く普及させているのか?
簡単にいえば、そこにオーディエンスがいるからだ。
GoogleはユーザーをGoogleへ招くわけではない。Googleのほうからユーザーに近づいていくのだ。
P.59
データは意見に勝る
P.120

あなたも、本書でGoogleから学んでみませんか?

私の理解力が足らないせいなのか、正直ピンと来ない内容もありましたが、「ブランディングの4ボックス」などのフレームワークや面白い事例も多く、また4ページに一度というほど頻繁に紹介されている名言もついメモしたくなります。

原著の評価もなかなか高い
ようですよ。



異性に対する欲求、裏の欲求を刺激しろ

風俗的マーケティング
異性に対する欲求を刺激することは、風俗業のような性的サービスをダイレクトに提供する商売だけでなく、他のあらゆる商売において、お客様を購買行動に促す強力なマーケティング手法であるという考え方です。
本書については、1ページからいきなり
  • 援デリで高校生1000万円荒稼ぎ
  • 女子中生に十数人と売春さす、17人少女2人ら逮捕
  • 17歳少女が中高生売春あっせん、無許可風俗店も経営
などと、刺激的なニュースの見出しが並び、驚きました。

しかしそれも『風俗的マーケティング 』か。



ピンクな内容なのに(笑)、結構マジメに書かれています。
人間の奥底に眠る「裏の欲求」。これこそが人間が真に求めているものであり、それを刺激し実際に提供できれば、消費者は確実に反応するのです。
P.21
人は自分と何らかの共通点を見いだして話題にしたい、接点を持ちたいという特性があります。プロフィールの情報を詳細に公開することにより、集客に活用します。
P.72
伸び悩んでいるお店に限って、「あなたのお店のUSPは何ですか?という質問にすぐ答えられないものです。自分のお店の強みがわからなくて、一体お客様に何をアピールするのでしょうか?お客様の心を動かすような効果的な営業ができるでしょうか?
(中略)
お客様に対してこんな質問をぶつけてみましょう。
「今回、なぜ当店を選んでいただけたんですか?」
P.85
1店舗目の立ち上げが成功し、その店のポジショニングが確立したら、次にとる戦略は主に2つあります。
ひとつは、同一ブランドで異なるエリアに出店すること。もうひとつは、同一(近隣)エリアで複数のブランドで出店すること。
P.88
オトコを気持よくさせる会話術
①褒める
②関心をもつ
③教えてもらう
P.122
全ては紹介しきれませんが、マーケティングの基本から、風俗界で著者が学んだ内容まで、風俗関係の「事例」から学べるのは非常に興味深いです(笑)。


ちなみに先に紹介した『ビジネスで大切なことはすべてGoogleが教えてくれる 』にも
  • Lesson15 セックスは儲かる
などと『風俗的マーケティング 』な内容の章があるのを関連付けて考えると、これに妙に説得力が増す気がします。


しかし逆に、これまた『ビジネスで大切なことはすべてGoogleが教えてくれる 』にはこうも書かれています。
セックスは一大産業だ。
セックスはビジネスになりうる。
しかし、誰にでもセックスが効果的だとはかぎらない。
P.194
そう、おそらく本書『風俗的マーケティング 』は、オトコゴコロは確実にくすぐるものの、フツウの女性にはほとんど売れないでしょう。

(いや、風俗嬢のブランディングマニュアルとして売れる可能性はある…?)



ウェブ動画力は必須に

ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96
ウェブ動画力とは、ウェブ動画をビジネスに活用する力、言いかえれば動画マーケティング力のことです。

この本を読んでふと思い出したのは、先に紹介した本のこの一節。
消費者は顔の見えない企業とはかかわりたくない
そういえば私が以前美容院を変える時、近所にたくさんある店の中から最終的にどこにするかの決め手となったのは店のホームページにある「スタッフの写真」でした。

なんとなく、若いスタッフ大勢が「イエーーーイ!」みたいに盛り上がっている店ではなく、30歳前後と思われるオシャレで落ち着いた雰囲気の男女スタッフが載っている店を選んだのでした。


いや…確かに似た雰囲気だったとしたら、より好みの美女のいる店を選んだかもしれません(笑)。

これも風俗的マーケティング か…。


まぁとにかく、スタッフの写真を見て、店を選んだのは事実です。

今思えば、ホームページがなかったり、スタッフや店内の写真を掲載していない店はなんとなく排除していました。


これが写真ではなく動画であったとしたら、より「安心感」が得られそうです。

ウェブ動画に取り組むなら最低限押さえておくべきはYouTubeです。
YouTubeは動画を共有するだけのサービスではありません。自社サイトやブログに動画を貼り付けて配信することもできますし、アップロードした動画を編集することもできます。また、簡単な視聴ログ機能もありますし、iPhoneやiPadで再生できるmp4という形式の動画ファイルをダウンロードできる機能もあります。
YouTubeを使いこなすだけでかなり色々なことができるようになるのです。
P.77
映像のクオリティーよりも情報のクオリティーを優先する
尺は3分以内を目標とし、無理なら分割する
P.105
オープン型のライブ配信は「途中から見る人が多い」傾向にあります。
(中略)
ここから起こる問題は、途中から見始めた人がそれまでの流れを全く把握していないことです。下手をすると、番組の内容さえわからず見に来ている場合もあります。
これをケアするためには、番組の内容をわかりやすく構成もシンプルにしておくとよいでしょう。また、番組自体の説明やここまでの流れを定期的に振り返って話す場面を予め儲けておくなどの工夫も大事です。
P.112
ウェブサイトはこの信頼獲得が苦手なメディアです。
(中略)
ここで使うべき動画を選ぶのであれば、「運営者によるコメント」、「権威者による評価やコメント」などになります。
(中略)
人を信頼させられるのはやはり人です。人が肉声で話している動画があるだけで信頼度は上がります。
P.135
たった1件のコメントであっても、動画であれば嘘だと思う人はほとんどいません。文字や写真より圧倒的に信頼されます。
P.137
コマーシャライザー(http://cmizer.com)の特徴は、写真だけで動画を制作できるところです。
P.165
ウェブ動画に求められるのは「結承転結」です。始めに結論を持ってきてあげることで、ユーザーを引きつけることができます。
P.191

本書『ウェブ動画力』は、たくさんの事例や、動画配信の技術的な解説など、非常に使える内容です。


そうそう、今はAmazonにも動画が載せられることからも、ウェブ動画力の影響力を感じますね。

…本書自身のマーケティングには動画が使われていないぞ…?(笑)



企業はもちろん、個人レベルでも

マーケティングとは言っても、上に紹介した3冊それぞれ、個人レベルでも充分使える内容があります。


たとえば、婚活するのに男性も女性も異性を刺激する「色気」のアピールができたほうが良いかもしれません。

勉強会などでの名刺自己紹介の内容は、Googleに習って究極にシンプルにしたほうが、他人に覚えてもらいやすいでしょう。

UstreamYoutubeツイキャスなどは割と気軽に使えるわけですから、それらで積極的に自分を動画でさらけ出すと、より親近感を持ってもらえて仲間が増えたり、一気にブレイクしてなにかの大きなキッカケに繋がる可能性もありそうです。


あなたは、どの本からヒントを得て、行動しますか?

ウェブ動画力 ROIを最大化する動画マーケティングの実践的ノウハウ96 風俗的マーケティングビジネスで大切なことはすべてGoogleが教えてくれる






関連リンク




管理人のつぶやき



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1372-638d152b