FC2ブログ

「あとで読む」を読まないメリット  はてなブックマーク - 「あとで読む」を読まないメリット

 

Web上で見つけた気になる情報に、「あとで読む」タグを付けてブクマしたり、Evernoteに入れたりします。

しかし、それらを結局見ていない、という方は私以外にも多いんじゃないかと思います。

しかも私はそれを
  • あぁ、ため込んじゃってるな…
  • 結局見れてない…俺って…orz
などと、以前はストレスに感じていました。

実際それはとてももったいないことだ、それらをもっと活用しよう!という話を聞くことがあります。


しかし1年前くらいから「それでもいいじゃん」と思うようになりました。

理由は簡単です。




HDDレコーダーでTV視聴時間減少

SONY スゴ録 地上/BS/110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載HDD&DVDレコーダー400GB RDZ-D800

突然ですが、私は2、3年前にHDDレコーダーを購入以来、テレビを見る時間が減りました

なぜか。


私は毎週放送される気になる番組は全て録画予約しています。

おかげでとても安心感があるので、「今度でいいや」と、リアルタイムでテレビを見ることが減りました。
(意識的にリアルタイムで見る機会を減らすようにも考えています)

すると、「あとで見よう」と思って録画した番組も、結局面倒でそのまま見ないことが多いのです。

おかげでTVを見る時間は減った、というわけです。



Web上の「あとで読む」も一緒

Web上で見つけた「あとで読む」とした情報、その中に本当に必要な情報がどれだけあるのでしょう。

なければないで済む、というものが大半ではないですか?

とすれば、後日あらためてその情報に目を通す時間を割くよりも、そのまま放っておくというのもアリだと思うわけです。

読む時間の節約になります。


もしいつかその情報のことが気になったときは、あらためてEvernoteやGoogleで検索すればたいていのことは済みます。


そう考えれば、「あとで読む」が増えていて、「あぁ、全然読めてない…」などとストレスに感じることはないですよね。

「読んだ気になる」ために「あとで読む」という処理をする
のは決して悪くない、と思うのです。




関連リンク




管理人のつぶやき



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1371-ed492968