FC2ブログ

日本経済と日本人は今後どうあるべきか ~大前 研一著『お金の流れが変わった!』  はてなブックマーク - 日本経済と日本人は今後どうあるべきか ~大前 研一著『お金の流れが変わった!』

お金の流れが変わった! (PHP新書)
アメリカだ、いやこれからは中国だと日本が右往左往しているあいだに、世界経済の様相は大きく様変わりしていたのだ。こノ世界の新しい見取り図---後退した日本とアメリカ、そして浮上する新興国群からなる新しい世界地図---を把握している日本人は、あまりにも少ない。
P.4
今日紹介するのは、『お金の流れが変わった! 』。

大前 研一さんの2010/12/16発売の新書です。


メディアの上澄みをすくっているだけではわからない、リアルな世界経済を知ることができます。

今回は、気になったポイントをざっと紹介。



目次
第1章 超大国「G2」の黄昏
アメリカ―「唯一の大国」はいかにして崩壊したのか
中国―バブル崩壊はいつやってくるか

第2章 お金の流れが変わった!
「ホームレス・マネー」に翻弄される世界
EU―帝国拡大から防衛へのシナリオ
新興国―二十一世紀の世界経済の寵児

第3章 二十一世紀の新パラダイムと日本
マクロ経済政策はもう効かない
市場が日本を見限る日

第4章 新興国市場とホームレス・マネー活用戦略
新興国で成功するための発想
日本経済再成長の処方箋)



気になったポイント

いくつか個人的にぐっと来たポイントを紹介。
  •  ホームレス・マネー = 世界各地で生じた余剰資金 = 現在4000兆円
  • ホームレス・マネーは非常に足が早い。次はここだと誰かが言うと瞬時に移動し、長く滞在しない。
  •  中国は日本と違い、自分たちの弱みや、何が成長の阻害要因になるかを理解し、それを補うために、集めたお金を戦略的に使う
  •  中国は「バブル崩壊」の巨大爆弾をかかえており、これは日本やアメリカのそれとは次元が違う
  •  新興国の中でも注目株は新日であるインドネシア。中国よりもビジネスがしやすい
  • 有望新興国群はVITAMIN(ヴェトナム、インドネシア、タイとトルコ、アルゼンチンと南アフリカ、メキシコ、イランとイラク、ナイジェリア)
  • マクロ経済政策はもう効かない。理由は経済の「ボーダーレス化」「サイバー化」「マルチプル化」
  • 「サイバー化」によりサービスは無料化している。知的にハングリーな人は、お金があまりなくても学ぶ機会がある
  • 新興国の目標は、「日本に追いつけ追い越せ」。標的に挙げられるほど日本はだらしない
  • 日本の国がやるべきことは、教育改革。世界のどこに出しても活躍できる人材育成。
  • 日本人は、21世紀型の価値観を一刻も早く身につけるべき。それは、世界との価値観のボーダーレス化 
  • 不況でも、価値にふさわしいものはちゃんと売れている
  • 新興国は「むかしの芸で」十分に戦える。第一線の人を投入するより、定年間近の人を若手とセットで派遣すればよい
  • 新興国で成功するための攻略ポイントは「公共事業」「法人需要」「コンシューマー需要」
  • 日本人全体が「草食系」



まとめ

私が某自動車メーカーで輸出関連の仕事をしていた2年前。

アメリカ向の輸出はガクンと落ちたが、そのずっと前から力を入れていたロシア、ウクライナ、GCC(アラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビア)への輸出は伸びていた。

またインド、インドネシア、チリなどの仕事に会社がより力を入れていた記憶がある。

これらの国は、本書で挙げられている、注目すべき国である。


そういう意味でも、大企業のレベルでは、世界経済の流れをある程度正しく、戦略としてつかんでいるところも多いと思う。

しかし、『ニッポン株式会社』はどうだろうか。疑問である。

著者の大前さんは、今後の日本、そして日本人について、そのあり方を示している。

そして、あとがきの最後をこう締めくくっている。
それでもなお、日本人の特徴である「内向き、下向き、うしろ向き」の三拍子をかなぐり捨てて、「外向き、上向き、前向き」に私たちは進んでいかなければならない。
P.243


本書は個人的には、現状のアメリカや中国、新興国がどうだということはもちろん、
  • 現実をリアルにとらえ
  • ゼロベースでソリューションを出す
そういった、『大前さんの考え方』をあらためて学んだ一冊です。

お金の流れが変わった! (PHP新書)

ちなみに、今回この本はレビュープラス様より提供いただきました。ブログをやっている方は登録しておくと良いですよ。





関連リンク



管理人のつぶやき



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kosstyle.blog16.fc2.com/tb.php/1347-5d066ded

「外を見て、外に出ろ!」と何度目の尻叩きだろう? -書評- お金の流れが変わった!

大前研一さんによる現代を知り、自分の頭で考えるための指南の一冊が本書です。 僕は大前研一さんの本は全部ではありませんが、それなりに読んでいますので、主張自体に目新しいと感じられる点はありませんでした。 しかし、特にこの手の現代の潮流を俯瞰しつつ考察する...
  • [2010/12/28 07:39]
  • URL |
  • 知磨き倶楽部 ~ビジネス書で「知」のトレーニングを!~ |
  • TOP ▲